ブログトップ

糸音 sil-eum

sileum.exblog.jp

<   2011年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

handmade Diary


b0221157_163062.jpg

最近お気に入りの本。出産前に買いました。

子供と一緒に作るって楽しそう。
子供の絵をもとに、世界にひとつだけしかないものを作る。
うん、いい!いい!

作者の言葉の抜粋
「すべての物事には適切は時期があるように、子供と一緒に遊ぶことにも適切な時があると思う。
お母さんを一番必要とする幼児期、お母さんと一緒に過ごす時間は子供にとって遊びでもあり学習でもあり社会生活の一部分だ。 
スポンジが水を吸い込むようにすべてのことを記憶して保存できればいいけれど、過ぎて行く時とともに以前の記憶をひとつふたつと忘れていってしまうという現実はちょっとさびしいことだ。
ある日、偶然、以前子供と一緒に描いた絵や雑貨を見つけた。
それを見ていたら自然と当時の会話や残像がよみがえってきて心が温かくなった。
ハンドメイドはお母さんと子供が一緒に作る追憶の日記だ。」


にほんブログ村 韓国情報
にほんブログ村 ハンドメイドブログ


[PR]
by sil-eum | 2011-06-26 10:54 | handmade

tatting 指輪


b0221157_17191311.jpg


またまたtattingネタですみません。

ちょっとシックかな。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ

[PR]
by sil-eum | 2011-06-26 10:54 | handmade

6・17


b0221157_18907.jpg

昨日、6月17日は・・・


More
[PR]
by sil-eum | 2011-06-18 18:09 | :)

east boune


ブログを引越ししてから、初の旅の備忘録。(以前のブログ→  )
かれこれ6年前の記録ですが、

b0221157_1782656.jpg


ここは、


More
[PR]
by sil-eum | 2011-06-18 17:28 | travel

ゆきたいっ


b0221157_20274258.jpg


大好きな作家の一人、荒木珠奈さんからこんな案内がきました。
こんな支援のかたちもあるんですね。


詳細はこちら
[PR]
by sil-eum | 2011-06-16 20:49 | day

tatting パターン


色々な丸
b0221157_1654030.jpg





More
[PR]
by sil-eum | 2011-06-16 20:48 | handmade

お散歩コース


b0221157_1703665.jpg

さあ、今日もいい天気です。
散歩でもしましょうか。


More
[PR]
by sil-eum | 2011-06-14 17:11 | day

14日目


b0221157_12132522.jpg


ここ数日のこと。


6月5日、日本から両親が来る。
天然ぶりは相変わらずの二人。
正直、オーソンと言葉が通じなくてよかったと思う場面もしばしば・・・
私も子供のまんま母親になってしまったけれど、両親も負けちゃいないわ。



6月7日、病院に行く。

・おでこの白いブツブツを見た先生から、
「もっと薄着をさせなさい」と言われる。
寒いからしゃっくりがでるもんだと思っていて、そのたびに1枚タオルを掛けていた。
それに風邪を引いたらいけないと、ついつい布団をかけたくなってしまっていたかもな。

・BCC接種。
りえ、これから何が起こるのか知らず、左腕を看護婦に向けて、ピーンとのばしていた。

予防接種については疑問もかなりあるけれど結局受けた。
水銀とかアルミニウムとかホルムアルデビドとかどうなの???とは思う。
けれど私にはまだ受けたほうがいいのか受けないほうがいいのか、はっきりと答えが出せないです。
予防接種肯定派も否定派もなんだかとても極端のような気がしてしまうのはなぜだろう。

それに、韓国ではB型肝炎の予防接種もあるけれど、第一回目は入院中に知らぬ間にもうされているし。そういうもんなの??
これでもし副作用とか、もしものことがあったら病院は責任をとってくれるんだろうか。



・黄疸の検査の結果、数値が高かった。
2日間、母乳禁止。
母乳黄疸だといいのだが・・・私も生まれた時黄疸が強かったらしいので、心配。

母乳ができないので、おっぱいが張ってかなり痛い。
出しても出しても痛い。マッサージしても痛い。
痛すぎて眠れない日々が続く(泣)



6月8日
おむつを替えようとしたら、へその緒がない!
探したら、背中側にあった。
とれたのね~。でも完全にとれていなくてまだ少し黒いのが残っているんだけど、いいのかな・・

水道工事のため、温水が使えない。
洗い物もお湯でできないし、シャワーも浴びれないし、すごく不便。



6月9日
胸が痛くてろくに眠れず、疲れ気味。
手指関節の痛みが一向によくならない。むしろ右手指まで痛くなってきた。
そのうえ、両親の天然ぶりに「ブチッ」と来ることが重なる。
ちょっと酔って帰ってきたオーソンともめて「ブチッ」。
痛いし、疲れていたけれど、「ブチッ」のため、寝付けなかった。



6月10日、再び病院へ。
黄疸の数値が下がっていた。よかった!
母乳再開してもいいことに。ただし、1週間は母乳と粉乳の混合。

家に着くやいなや、りえに母乳をあげる。
すると、みるみるうちに胸の張りが消えていった。
胸すーっきり! 母乳ってすごい!

この日は両親の結婚記念日。
パリバケットでホールケーキを買ってお祝い。
ちょっとだけ・・と思っていたけれど、結局1切れ食べちゃいました。



にほんブログ村 韓国情報


[PR]
by sil-eum | 2011-06-13 17:12 | :)

1+1=3


b0221157_15201518.jpg


2011年5月28日(土) 13時19分 りえ誕生
身長49cm 体重3.2kg

もう、1週間前のことなんだと思うとまだ信じられない気分。

記念すべき1週目の今日、りえは真黄色な世界地図?!を布団にまで描いてくれました。
でも、3日間ずっと出ていなかったらか安心。よかったよかった。



《当時の備忘録》

37週目に入ったばかりの28日明け方、急に破水。

「もしや、前期破水?!」不安にかられたので、オーソンを起こして、
「MIZ(病院の名前)に 電話して(MIZエ チョナ ヘ ジュセヨ)」 
とお願いをしたのに、
「水 ちょうだい(ミズ ジュセヨ)」(日本語と韓国語が混ざって。。。)
と聞こえたらしい。
「ん?なんで?」
と、のんきな返事がかえってくる。。。

そんなこんなんで電話したところ、
「今は様子をみながら8時に病院に来てください。」
と言われる。ただいま4時。

大量に流れているわけではないので大丈夫かと思っていたが、継続して流れる感覚があったので
オーソンにまた電話をしてもらって、病院に行くことに。

その間荷物準備。
というか、ベットの組み立てまだしてないし、ベビーバスは今週もらう予定だったしどうしよう。。
ま、なるようになるだろう。

5時30分ごろ病院着。診断を受ける。
「やはり破水ですね。明日には生まれるでしょう」とのこと。
しかし1時間後
「今日の夕方5時ごろには生まれそうです。」と言われる。
「今日ですか!」
正直驚く。
同時にまだ37週目なので不安も募る。「体重は?健康は?そして私の心の準備。」


陣痛がしだいに強くなる。
1時間ごとに6階から5階への移動が辛くなってくる。せめて同じ階だったら。。。
陣痛促進剤の効果もあり、診断中に激痛。そのまま5階の家族分娩室に居ていいことになる。
(後の話だと院長先生の配慮だったとか。ありがたい。)

「この様子だともっと早く生まれそうですよ。」
もう不安とかそれどころじゃなくて
「早く出てきて・・・」

陣痛って少しずつ感覚が短くなってくるもんだと思っていたけど、私の場合そうではなかった。
はじめからずっと痛みが継続をしていて痛みが和らぐといっても30秒くらい。
そして時間が経てば経つほど痛みは強く・・・。

気づけば自分でもいったいどこからそんな声がでるの?と思うくらいの声をだしていた。
激しい陣痛が来るたびに、オーソンの手を知らないうちにぎゅっと握っていた。
その力がすごかったらしく、オーソンは指輪を外したらしい。痛かったのね。。。


陣痛がきてから7時間くらいかかったか。
13時19分、りえ誕生。
オーソンの話だと、りえが目を開いてはじめてみたのは自分だとのこと。
身長も体重も標準で問題なしと聞いて安心。



そんなわけで3人家族がスタートです^^


にほんブログ村 韓国情報

[PR]
by sil-eum | 2011-06-04 16:26 | :)