ブログトップ

糸音 sil-eum

sileum.exblog.jp

出産祝い?!


b0221157_19491260.jpg

これ、何だと思いますか?






答えは、にんにく注射。



妊娠9ヶ月ごろから、突然左手の中指が曲がらなくなってしまった。
つまり、グーをしようとするち「FU●K」のかたちになってしまうのだ。
握りこぶしにまったく力が入らないので、
「分娩の時にちゃんと力めないのでは?」と心配になった(実際大丈夫でしたが。というかどだったのかよく覚えていませぬ・・・)

行き着けの産婦人科に行って相談したら、
「たぶん妊娠性のものでしょう。たまにこういうことありますよ。出産すれば序々によくなるでしょう。」
とのことだったが、出産後2週間過ぎても一向によくなる気配がなく、むしろ右手中指まで曲がりにくくなってきてしまった。

もしかして「リウマチ?」
心配になってネットで調べてみると、
・リウマチの初期症状は指の関節からくる
・特に中指の第二関節が痛くなる。

これってビンゴじゃんか~!!
30代でリウマチか・・・・どよーんと気持ちが沈んだ。

不安だし、痛くて不便なので、日本からこっちに来ている両親にりえをお願いして、
とりあえずオーソンの知り合いの医者に見てもらうことにした。
病院はこちらKMG。病院ぽくないでしょ?
b0221157_20294861.jpg


KMGは私達の駆け込み寺的存在。
以前、原因不明のせきに悩まされた時も、韓国に来て初めての健康診断もKMGにお世話になった。
なんでも相談できる医者があるってとても心強い。
特に外国に住んでいると。

血液検査の結果陰性。リウマチではなかった。
でも、数日後には念のため整形外科を紹介してもらって診断を受けた。
先生の話だと、リウマチ性関節炎の可能性があるそうな。
要するにリウマチではないのであまり心配する必要はないとのこと。
ケアとしては痛いけどちょっと無理してでも指を動かしたほうがいいらしい。後は温める。水仕事は控える。重いものを持たない。

ということは、家事ができないんじゃん?
おまけに子供を抱いたり、風呂に入らせたり、おむつ洗ったりしていれば、当然手に負担が来ることは避けられない。 
結局、無理しすぎずにするしかないのか。
授乳しながら指のマッサージしてます^^:

話をKMGに戻すと、KMGで診断を受けた後、先生に出産報告がてら雑談をしていたら、
「にんにく注射でも打っていきなさいな。」
とおっしゃって下さった。ちなみに母乳中でも大丈夫だとか。
「出産祝いと思ってください。慣れない育児で大変でしょう。1時間横になって少しおやすみなさい」
とのありがたい言葉に甘えることにしました。
オーソンを待たせることにはなってしまったけれど^^:
院長先生、ありがとうございました。

b0221157_2131817.jpg

上の写真は病院の中庭。
ここは、たまに文化空間として開放していて、音楽界をしたり、アートの展示をしたりしている。
そもそも私がKMGを知ったのは展示空間としてのKMGだった。
そのころは、まさか院長先生と知り合いになるなんて思ってもいなかったな。
人に縁って不思議だ。どこかでつながってくるんだなあ。
こういうつながり、大切にしないと。


あ、最近、右手はだいぶよくなってきた。
辛抱強くケアしていこう。



にほんブログ村 韓国情報


[PR]
by sil-eum | 2011-07-06 22:53 | day
<< blue sofa handmade Diary >>