ブログトップ

糸音 sil-eum

sileum.exblog.jp

大きさ


「大きさについて」


なんといいますか、一日中赤ん坊の顔を見ているわけで。
顔が小さければ、耳も鼻も小さいわけで。



ある日の夜、ソファでうたた寝していた、だんなさんの顔も覗き込んでいたら、ぎょろっと突然目を開いた。


「うぎゃ!」
思わず声が。(まるこ風)


それはびっくりとかではなく、といいいますか、びっくりはびっくりなのだけれど
大きさにびっくりしたと言いいますか。


顔が大きければ、顔のパーツもとてつもなくでかい(そうみえる)
特に目と鼻の穴。


ちょっと怖かった。

今までそんなことなかったのにねぇ。一日中赤ん坊の顔を見ているから、だわね。






そりゃ、赤ちゃん泣くよな。
怖いよな、人間の顔。




「りえちゃ~ん」と、見知らぬ人間の顔が自分に向かって迫ってくる様は、
それはそれは怪物に飲み込まれてしまいそうな気分なのかもしれない。


産後3ヶ月くらい続いていたぎゃん泣きも、そう思うと妙に納得がいく。
りえが泣けが泣くほど、りえに迫っていたもんな、私。
「よ~しよ~し」とか言いながら。



ぜんぜん、よくなかった~!





ごめんなさいでした、赤ん坊。

ごめんよ、だんな。



にほんブログ村 韓国情報

by sil-eum | 2011-09-19 20:58 | :)
<< 北の国から eye shopping3 >>